APDモジュール

C10508-01

増倍率の変更が可能、高増倍率でも安定した検出

 

C10508-01にはAPD、電流-電圧変換回路、高圧電源回路に加えて、温度センサからの情報を元に高安定に温度補償を行うためのマイコンを内蔵しています。マイコンにはAPDの温度特性に合わせた係数が書き込まれているため、高い増倍率においても広い温度範囲でAPD増倍率を高安定に維持することが可能です。増倍率は、基板上のスイッチまたはPCからのコマンドによって変更することができます。


■特長
・増倍率の温度安定度: ±5 %以下 (増倍率 250倍、Ta=0 ℃~+40 ℃)
・増倍率の変更が可能 スイッチまたはPCからのコマンドにて変更
・取り扱いが容易: ±5 V電源供給のみ
・小型、軽量

タイプ 高安定タイプ
有効受光面サイズ φ1.0 mm
増倍率温度安定度 typ. ±5.0 max. %
内蔵素子 S12023-10A
光電変換感度 typ. 1.25 × 107 V/W
冷却 非冷却
低域遮断周波数 typ. DC MHz
高域遮断周波数 typ. 10 MHz
供給電圧 typ. ±5 V
測定条件 光電変換感度: M=250, λ=800 nm, 増倍率温度安定度: 0~40 ℃

分光感度特性

外形寸法図 (単位: mm)

関連ドキュメント

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。