CMOSリニアイメージセンサ

S15796-1024-20

高感度、縦長画素の受光部を採用、1024画素、表面実装型

 

縦長画素 (7 × 200 μm)の受光部を採用した高感度CMOSリニアイメージセンサです。紫外域においても、高感度・高耐性を実現しています。5 V単一電源で動作するため、安価な分光器に適しています。S15796-1024-20は、表面実装型パッケージを採用しています。



■特長

・画素サイズ: 7 × 200 μm
・1024 画素
・有効受光面長: 7.168 mm
・高感度: 650 V/(lx・s)
・紫外~近赤外域で高感度(感度波長範囲: 200~1000 nm)
・全画素同時蓄積
・蓄積時間の可変機能付き (電子シャッタ機能)
・5 V単一電源動作
・タイミング発生回路を内蔵し、スタートパルスとクロックパルスだけで動作
・ビデオデータレート: 10 MHz max.

タイプ 高感度タイプ
イメージサイズ 7.168 x 0.200 mm
有効画素数 1024 x 1 pixels
画素サイズ 7 x 200 μm
感度波長範囲 200~1000 nm
ラインレート max. 8960 ライン/s
冷却 非冷却
窓材 石英
パッケージ セラミック
測定条件 指定のない場合はTyp. Ta=25 ℃, Vdd=5 V, V(CLK)=V(ST)=5 V, f(CLK)=10 MHz

分光感度特性

外形寸法図 (単位: mm)

関連ドキュメント

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。