オプティクスモジュール

C13398-02

フォトダイオードアレイ・光学素子・I/V変換回路などを内蔵した吸光度測定モジュール

 

C13398シリーズは、高いブロッキング性能(OD>4)と低ノイズを特長とした吸光度測定用の光学モジュールです。Siフォトダイオード、ビームスプリッタ、フィルタとI-V変換回路から構成されています。C13398-02は、9波長の光と参照光を同時に検出することが可能です。専用の評価回路C13390 (別売)と組み合わせることで、C13398シリーズの各チャンネルのアナログ出力信号をデジタル信号に変換してPCに取り込むことが可能です。


■特長
・9波長の光と参照光の同時検出が可能
・電圧出力: 取り扱いが容易
・小型: 89 (W) × 38 (D) × 26 (H) mm (名刺サイズの2/3)
・光学マウント用ロッド (M4)に固定可能
・高いブロッキング特性

 

検出波長 340, 380, 405, 492, 510, 546, 578, 620, 690 nm, 参照光
半値幅 (FWHM) 10 nm
ブロッキング OD 4
変換インピーダンス 107 V/A
遮断周波数 (広域) 1.6 kHz
外形寸法 89 × 38 × 26 mm

分光感度特性

外形寸法図 (単位: mm)

関連ドキュメント

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。