光電子増倍管モジュール

H11526-110

H11526シリーズは、ゲート動作が可能な光センサモジュールです。ゲート専用回路とメタルパッケージ光電子増倍管の組合せにより、最小ゲート幅 100 ns、繰り返し10 kHzの特性が得られています。高圧電源回路が内蔵されているため、+15 Vの低電圧で動作でき、コントロール電圧を調整することで光電子増倍管のゲインを変えることができます。また、強い光が入射した場合、過大光モニタが動作し、エラー信号が出力されます。

ゲート動作モードには定常時オンと定常時オフの2種類があり、製品型名が異なります。
H11526-110-NN:定常時オン
H11526-110-NF:定常時オフ
ゲート動作の詳細についてはカタログをご覧ください。

受光面形状 円形
受光面サイズ φ8 mm
感度波長 (Short) 230 nm
感度波長 (Long) 700 nm
感度波長 (Peak) 400 nm
外形寸法 (W x H x D) 20.0 x 50.0 x 100.0 mm
入力電圧 +14.5~+15.5 V
最大入力電圧 16 V
最大入力電流 60 mA
最大出力信号電流 100 μA
最大コントロール電圧 +0.9(入力インピーダンス10kΩ) V
推奨コントロール電圧調整範囲 +0.4~+0.9(入力インピーダンス10kΩ) V
[陰極特性] ルーメン感度 Min. 80 μA/lm
[陰極特性] ルーメン感度 Typ. 105 μA/lm
[陰極特性] 青感度指数 (CS 5-58)  Typ. 13.5
[陰極特性] 放射感度 Typ. 110 mA/W
[陽極特性] ルーメン感度 Min. 80 A/lm
[陽極特性] ルーメン感度 Typ. 210 A/lm
[陽極特性] 放射感度 Typ. 2.2 x 105 A/W
[陽極特性] 暗電流(30分後) Typ. 1 nA
[陽極特性] 暗電流(30分後) Max. 10 nA
[時間特性] 上昇時間 (Tr) Typ. 0.57 ns
リップルノイズ (peak to peak)  Max. 5 mV
セトリングタイム Max. 2 s
動作周囲温度 +5~+45 ℃
保存温度 -20~+50 ℃
質量 105 g

ゲート特性

外形寸法図 (単位: mm)

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。