テラヘルツ波分光分析装置

C12068-02

テラヘルツ波分光分析装置は、テラヘルツ波発生・検出素子と、全反射プリズムを一体型にした減衰全反射(ATR)分光専用の装置です。環境中の水蒸気の影響を受けず、安定性、操作性が高い分光分析が可能です。測定面に液体、粉体を置くだけで分子間振動・結晶の格子振動の情報を簡単に取得できます。

特長

  • 小型、省スペース
  • 環境中の水蒸気の影響を受けない
  • 広帯域測定:0.1 THz ~ 7 THz
  • 優れた再現性

応用

  • 結晶性評価
  • 物性評価
  • 水分量評価
  • 水との相互作用評価
  • その他分光応用

仕様

 
  C12068-01 C12068-02
帯域※1 0.1 THz ~ 4.0 THz 0.5 THz ~ 7.0 THz
ダイナミックレンジ※2 50 dB
分解能 80±10 GHz
測定時間※3 3 min
測定対象物 粉体、液体
制御装置 PC (Windows10)
外部制御 USB1.1
レーザクラス クラス1
外形寸法図(W×H×D) 約500 mm × 約313 mm × 約534 mm
質量 約50 kg

※1 発生するテラヘルツ波の帯域。測定対象物によって測定可能帯域は変化します。
※2 ピーク周波数時。
※3 積算回数による。

外形寸法図(単位:mm)

関連文献

  • 建部, 薬剤学 73, 14 (2013).
  • Takebe et al., J.Pharm.Sci. 102, 4065 (2013).
  • Sakai et al., ACS Omega 4, 2702−2707 (2019).
  • 安田 他, 光アライアンス 30, 51 (2019).
  • Akiyama et. al., J. Infrared Milli. Terahz. Waves, 40, 1160 (2019).

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。