製品情報

hama hot vol.15
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

複合素子

K11908-010K

null

波長域の異なる2つのInGaAsフォトダイオードを上下に配置し、広い感度波長範囲を実現

K11908-010Kは、カットオフ波長 1.7 μm・2.55 μmの2つのInGaAs PINフォトダイオードを同一光軸上に配置した複合素子です。広い感度波長範囲 (0.9~2.55 μm)とともに低ノイズを実現しています。


■特長
・カットオフ波長 1.7 μm・2.55 μmの2つのInGaAs PINフォトダイオードを同一光軸上に配置
・広い感度波長範囲: 0.9~2.55 μm
・低ノイズ
・低暗電流

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

仕様

パッケージ メタル
パッケージカテゴリ TO-5
冷却 非冷却
感度波長範囲 0.9~2.55 μm
検出素子 (1) InGaAs
受光面サイズ (1) 2.4×2.4 mm
最大感度波長 typ. (1) 1.55 μm
受光感度 typ. (1) 0.95 A/W
遮断周波数 typ. (1) 2 MHz
検出素子 (2) InGaAs
受光面サイズ (2) φ1.0 mm
最大感度波長 typ. (2) 2.1 μm
受光感度 typ. (2) 1 A/W
遮断周波数 typ. (2) 6 MHz
測定条件 指定のない場合はTyp. Ta=25 ℃

分光感度特性

KIRDB0661

外形寸法図 (単位: mm)

KIRDA0218

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。