製品情報

新製品ニュースhama hot(ハマホット)バックナンバー
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

バーチャルスライドスキャナ

バーチャルスライドスキャナ

スキャンの特長

Z-スタック機能:Z軸方向への多層取り込み・蓄積が可能

NanoZoomerシリーズは、厚みのあるサンプルに対応できるように深さを変えてスキャンし、層としてデータを蓄積するZ-スタック機能を搭載しました。マウスホイール操作で層を切り替え、フォーカスを変えているような感覚で観察することができます。スキャン間隔・レイヤ枚数などスキャン条件は、プルダウンメニューで簡単に設定することができます。さらに任意の場所での最適フォーカスレイヤの自動選択も可能です。

 

バーチャルスライドスキャナ スキャン機能


フォーカス判定機能:取得画像のフォーカスの合否を自動的に判定

標本上に大きなゴミや皺などがあった場合、フォーカスがそのゴミに合ってしまい、画像がぼやけてしまう可能性があります。そのため、スキャンの後に目視による画像の確認を行い、フォーカスの合っていない画像に対して再度スキャンを行う必要がありました。
スキャン領域全体から画像を抽出して、フォーカスの判定を行います。フォーカスが合っていないと判定された場合は、自動でフォーカスの方式を変更し、再スキャンを行います。

 

バーチャルスライドスキャナ スキャン機能


オートキャリブレーション機能:明るさ・ホワイトバランスなどの調整を自動化

キャリブレーション用スライドをセットしておくことにより、明るさやホワイトバランスの調整といった一連のキャリブレーション作業を自動的に行います。これにより常に最適な状態でスキャンを実行することができます。

 

バーチャルスライドスキャナ スキャン機能

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。