キセノンフラッシュランプモジュール キセノンフラッシュランプモジュール

応用例 | キセノンフラッシュランプ

キセノンフラッシュランプは、発光波長範囲160 nm ~ 7500 nmの連続スペクトルを有しており、紫外域~可視域~赤外域の 幅広いアプリケーションでの応用を可能にします。

IR(赤外線)アプリケーション

キセノンフラッシュランプは、多波長赤外光源としても適しています。ハロゲンランプやMEMS赤外光源などに比べて、低発熱で瞬間的に高い光出力を有しており、高い精度が求められるアプリケーションに貢献します。

○ 食品関連検査

  • 食品分析(糖分・脂肪・水分など)
  • 異物検査(プラスチックなど)
  • 食品選別

○ ガス計測・ガス分析

  • 複数ガス検出(CH4(メタン)・CO2(二酸化炭素)など)

 

 

発光スペクトル分布 (代表値)

 

発光スペクトル分布

発光パルス波形 (代表値)

● 波長 7 μm

※ 光出力は検出器の感度に依存します。他の赤外光源との相対比較の参考データとしてください。
※ ハロゲンランプの光出力はキセノンフラッシュランプのピーク値(発光時間 約6 μs)相当に補正しています。

DUV(深紫外線)アプリケーション

キセノンフラッシュランプは、瞬間的に高い光出力を有しているため、高性能な深紫外光源としても注目されています。長寿命化により、長期にわたり高い性能を維持します。

○ 光イオン化
○ 分光光度計
○ 殺菌

発光スペクトル分布 (代表値)

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • デモ依頼
  • サポート
  • カスタマイズ
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。