InGaAsエリアイメージセンサ

G12242-0707W

128 × 128 画素の近赤外2次元イメージセンサ

 

G12242-0707Wは、CMOS読み出し回路 (ROIC: readout integrated circuit)と裏面入射型InGaAsフォトダイオードのハイブリッド構造を採用しています。1画素は1つのInGaAsフォトダイオードと1つのROICによって構成され、バンプにより電気的に接続されています。ROICにはタイミング発生器が内蔵されており、外部からマスタークロック (MCLK)とマスタースタートパルス (MSP)を入力するだけで、アナログビデオ出力、AD-TRIG出力が得られます。 G12242-0707Wは128 × 128画素が20 μmピッチで配列され、1本のビデオラインから信号が読み出されます。入射光はInGaAsフォトダイオードで光電変換された後、Inバンプを介してROICに入力されます。ROICではチャージアンプで電圧変換され、シフトレジスタにより順次ビデオラインから出力されます。なお、G12242-0707Wはメタルパッケージで1段電子冷却型ハーメチック構造のため、安定動作を実現しています。


■特長
・感度波長範囲: 0.95~1.7 μm
・オフセット補償により優れた直線性を実現
・高感度: 2000 nV/e-
・フレームレート: 258 fps max. ・全画素同時蓄積 (グローバルシャッタモード)
・簡易動作 (タイミング発生器内蔵)
・2段電子冷却型
・低価格

感度波長範囲 950~1700 nm
最大感度波長 typ. 1550 nm
イメージサイズ 2.56 × 2.56 mm
画素サイズ 20 × 20 μm
画素ピッチ 20 μm
総画素数 128 × 128 pixels
パッケージ メタル
冷却 2段電子冷却
フレームレート max. 258 フレーム/s
暗電流 0.5 pA
測定条件 Td=15 ℃, Vdd=5 V, PD_bias=3V

分光感度特性

外形寸法図 (単位: mm)

関連ドキュメント

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。