FAQ | アンプ付フォトダイオードアレイ

蛍光板付きのアンプ付フォトダイオードアレイにおいて、両端画素の感度が低い理由を教えてください。

蛍光板が厚いため (300 μm)、ある画素の上で発光した光は当該画素だけではなく、隣の画素にも斜めに広がります。センサ中央の画素には左右両隣から光が入射しますが、センサ両端の画素には片側からしか光が入射しないため、両端の画素は出力が低くなります。このため、データを取り込んでからソフトウェア上で補正することを推奨します。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。