CMOSエリアイメージセンサ

S15683-13

X線イメージング用CMOSエリアイメージセンサ (USBインターフェースタイプ)

 

S15683-13は、X線イメージング用に開発されたCMOSエリアイメージセンサです。本イメージセンサは画素サイズ 20 × 20 μm、221万画素 (1300 × 1700画素)で、X線照射モニタ用フォトダイオードを搭載しています。入射窓にFOP (ファイバオプティクプレート)を採用し、X線照射時においても高画質・長寿命を実現しました。本イメージセンサは小型のため、装置への組み込みが簡単です。S15683-13はUSB 2.0に対応しています。


■特長
・画素サイズ: 20 × 20 μm
・画素数: 1300 (H) × 1700 (V)
・総照射線量: 1000 kGy max.
・高解像度: 20 Lp/mm typ.
・フレームレート: 0.46 fps
・USB2.0インターフェース
・3つのセンサとPC1台との同時接続が可能

 

イメージサイズ 26 x 34 mm
画素サイズ 20 x 20 μm
画素ピッチ 20 μm
シンチレータタイプ CsI (Tl)
X線解像度 typ. 20 LP/mm
測定条件 指定のない場合はTyp. Ta=25 ℃

外形寸法図 (単位: mm)

関連ドキュメント

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。