CCDエリアイメージセンサ

S12600-1006

裏面入射型FFT-CCD

S12600/S12601シリーズは、微弱光検出用に開発された計測用FFT-CCDエリアイメージセンサです。ビニング動作を行うことにより、受光面の高さ方向に長いリニアイメージセンサとして使用できるため、分光光度計の検出器に適しています。ビニング動作は、外部回路で信号をデジタル的に加算する従来の方法と比べると、S/Nや信号処理速度において非常に優れています。S12600/S12601シリーズは、レジスタの配線の低抵抗化と高速アンプの採用により、高速読み出しが可能になりました。


■特長
・常温型
・画素サイズ: 24 × 24 μm
・ライン/ピクセルビニングが可能
・量子効率: ピーク時90%以上
・広い感度波長範囲
・高速読み出し (fc=5 MHz max.)
・広いダイナミックレンジ
・MPP動作
・紫外感度が高く、紫外線照射に対して特性が安定
・開口率: 100%

タイプ ビニングタイプ
標準タイプ
イメージサイズ 24.576 x 1.392 mm
有効画素数 1024 x 58 pixels
画素サイズ 24 x 24 μm
感度波長範囲 200~1100 nm
ラインレート typ. 2097 ライン/s
ラインレート max. 3650 ライン/s
暗電流 typ. 100 e-/pixel/s
読み出しノイズ typ. 30 e- rms
冷却 非冷却
窓材 石英
パッケージ セラミック
測定条件 指定のない場合はTyp. Ta=25 ℃, 暗電流: MPPモード

分光感度特性

外形寸法図 (単位: mm)

関連ドキュメント

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。