製品情報

天文 カメララインアップ事例集
hama hot vol.17
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

l_key_thz_spectrometer

特長 | テラヘルツ波分光分析装置

 

・一体型プリズムの採用により、環境中の水蒸気の影響を受けない

通常、テラヘルツ波は水蒸気の影響を受けるため窒素パージなどが必要ですが、本製品では不要です。

・優れた安定性

優れた安定性を有しているため、再現性の良い測定、連続測定が可能です。

・小型、省スペース

制御部が一体になっている本体と制御用ノートPCのみで動作可能なため、他の設備は不要です。

・液体が測定可能

テラヘルツ波は液体に対して吸収が強いため、通常の透過法では測定困難ですが、減衰全反射分光により測定が可能です。

・粉体の試料調製が不要

通常、テラヘルツ波で測定する場合はタブレットの作製が必要ですが、本製品では不要です。

連続測定モード


連続動作モードでは、一定間隔で連続したデータの取得・出力が可能です。測定試料の経時変化の観察に有用で、長時間にわたり安定した結果を得ることができます。
グラフは水の特定周波数の吸収係数を相対変化で示したものです。連続測定モードを使用し、水を測定面に置いた状態で9日間連続測定しました。 この結果(誤差±3 %以内)から長時間安定した測定ができることが分かります。

<用途例>
・結晶析出、転移
・劣化評価
・その他経時変化

l_thz-s_me4_ja

結晶性評価における他の手法との比較

  X線回析 熱分析 ラマン分光 テラヘルツ波分光分析装置
管理区域 必要 不要 不要 不要

試料の破壊の有無

注1) 注1)
測定時間 注2) 数十分 数十分 数分 約3分

液体中の結晶状態の判断

× × × 注3)

注1) 測定条件により、測定試料にダメージがある可能性あり
注2) 測定試料状態や測定条件により、測定時間が変動する可能性あり
注3) テラヘルツ波分光装置は、液体中で結晶状態が溶けているかどうかを、そのままの状態で判別可能

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。