製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

l_key_thz_spectrometer

テラヘルツ波分光分析装置

測定原理

測定原理図

l_thz-s_me-pri_ja

測定原理は、減衰全反射(ATR)法を使ったものになります。テラヘルツ波は全反射プリズムの試料測定面で全反射するようになっており、このときエバネッセント光が染み出します。
測定面に試料を置くと染み出したエバネッセント光と試料が相互作用し、テラヘルツ波の反射率が減衰します。この減衰反射率を検出することで試料のテラヘルツ帯の分光情報(吸収係数、屈折率、複素誘電率)を得ることができます。

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。