製品情報

新製品ニュースhama hot(ハマホット)バックナンバー
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

InGaAsカメラ

C12741-11

null

InGaAsカメラ C12741-11は、640画素×512画素のInGaAsセンサを搭載した近赤外カメラです。センサをペルチェ冷却(-70 ℃)することにより暗電流を抑え、画質を向上させるとともに、長時間露光を可能としています。
CCDやCMOSカメラでは撮像できない近赤外領域の微弱な光をS/Nよく取得可能で、太陽電池の評価や光通信用デバイスの解析に適しています。

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

特長

  • 画素数:640画素×512画素
  • ペルチェ冷却(-70 ℃)による低暗電流(水冷時)
  • 空冷モード/水冷モード切り替え使用可能

応用

  • 太陽電池のEL発光観察
  • 半導体内部観察
  • 光通信用デバイス解析
  • 生体内非侵襲観察
  • 文化財観察

仕様

型名 C12741-11
撮像素子 InGaAsセンサ
有効画素数 640(H)×512(V)
画素サイズ 20 μm×20 μm
有効素子サイズ 12.8 mm(H)×10.24 mm(V)
飽和電荷量 300 000 electrons
読み出し速度 7.2 フレーム/秒
読み出しノイズ 500 electrons (rms : typ.)
露光時間 138.5 ms ~10 s(ローリングシャッタ)
100 μs ~10 s(グローバルシャッタ)
冷却方式 強制空冷、水冷
冷却温度 - 60 ℃(強制空冷)
- 70 ℃(水温:+25 ℃)
暗電流 300 electron/pixel/s (空冷 (冷却温度:-60 ℃) typ.)
130 electron/pixel/s (水冷 (冷却温度:-70 ℃) typ.)
ビニング読み出し 2×2/4×4
映像信号出力 Camera Link base configuration
外部トリガモード エッジトリガ、レベルトリガ、スタートトリガ
入力コネクタ SMA, Camera Link I/F
トリガ遅延機能 0 ~ 10 s (10 μs ステップ)
トリガ出力 プログラミングタイミング出力×3系統、トリガレディ出力、グローバル露光 タイミング出力
出力コネクタ SMA
コネクタ仕様 Mini-Camera Link
A/Dコンバータ 16 bit
レンズマウント Cマウント
電源 AC 100 V~AC 240 V、50 Hz/60 Hz
消費電力 約150 VA
動作周囲温度 0 ℃ ~ +40 ℃
性能保証温度 0 ℃ ~ +40 ℃
保存周囲温度 -10 ℃ ~ +50 ℃
動作周囲湿度 30 % ~ 80 %(結露しないこと):強制空冷時
保存周囲湿度 90 % 以下(結露しないこと)
* InGaAsセンサの特性により、本カメラは露光時間設定や周囲の温度等の条件で、画素の明暗が周囲と異なるムラが現れる場合があります。

分光感度特性

c12741-11 分光感度グラフ

外形寸法図

c12741-11 外形寸法図

カメララインアップカタログ

カメララインアップカタログ

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。