製品情報

hama hot vol.18
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

裏面入射型CCDイメージセンサ

S16011-1106

null

近赤外域で高感度、素子温度を一定に制御

S16011シリーズは、800 nm以上の近赤外域の感度を向上させた計測用裏面入射型FFT-CCDです。近赤外高感度であることに加え、ビニング動作を行うことにより受光面の高さ方向に長いイメージセンサとして使用できるため、ラマン分光器の検出器に適しています。ビニング動作は、外部回路で信号をデジタル的に加算する方法と比べるとS/Nや信号処理速度において非常に優れています。また動作中、素子温度を一定 (約5ºC)に保つため、パッケージ内に電子冷却素子を内蔵しています。 S16011シリーズの画素サイズは14 × 14 μmで、受光面サイズは14.336 (H) × 0.896 (V) mm (1024 × 64画素)と28.672 (H) × 0.896 (V) mm (2048 × 64画素)の2種類があります。なお、ピン配置・駆動条件は、当社製品 S11850-1106シリーズと同一です。


■特長
・近赤外高度感度: QE=36% (λ=1000 nm)
・1段電子冷却型 (素子温度: 約5 ℃)
・高いCCD変換効率: 6.5 uV/e-
・高い飽和電荷量、広いダイナミックレンジ
 (アンチブルーミング機能付)
・画素サイズ: 14 × 14 μm
・MPP動作

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

仕様

タイプ 赤外高感度タイプ
イメージサイズ 28.672 x 0.896 mm
有効画素数 2048 x 64 pixels
画素サイズ 14 x 14 μm
感度波長範囲 200~1100 nm
ラインレート typ. 106 ライン/s
ラインレート max. 200 ライン/s
暗電流 typ. 50 e-/pixel/s
読み出しノイズ typ. 6 e- rms
冷却 1段電子冷却
パッケージ セラミック
専用駆動回路 C11860
測定条件 指定のない場合はTyp. Ta=25 ℃

分光感度特性

KMPDB0596

外形寸法図 (単位: mm)

KMPDA0632

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。