製品情報

天文 カメララインアップ事例集
hama hot vol.17
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

水中光通信

水中光通信

これまで、水中(海中)環境における通信では、水中における減衰の小さい音波(音響)による無線通信が一般的に使用されていました。しかしながら、音響通信では通信できるデータの量が限られるため、水中で大容量の情報を扱うための手段として、光を用いた無線通信が注目を集めています。
水中での大容量通信が可能になれば、動画や高画質画像のようなデータもリアルタイムで解析できるようになります。これにより、水中のインフラ設備点検や海底資源探査の効率化、レジャー用途での応用拡大も期待できます。

水中光通信コンセプト図 水中光通信コンセプト図(提供:ALANコンソーシアム)

通信距離と伝送レート

通信距離と伝送レート

水中光通信

1 Gbps クラスの通信が可能。 動画のストリーミング、高解像度の画像・動画の転送を実現。

 

水中音響通信

速度が遅く(10 kbps ~ 1Mbps 程度)、通信できる情報量に限界がある。

おすすめ製品

水中光通信用光電子増倍管モジュール

水中光通信に対応した高速応答タイプの光電子増倍管モジュールシリーズです。
高速応答・高ゲイン・大有効径といった特長を有しているため、水中での高速光通信を実現します。

  H14447 H14990-100-02 H14600-100 単位
周波数帯域 1.0 0.8 0.2 GHz
有効エリア φ25 φ8 φ8 mm
ゲイン 8.4 x 103 2.5 x 104 1.0 x 106 -
上昇時間 350 370 600 ps
下降時間 250 420 1700 ps
FWHM 440 620 1950 ps

Si APD

内部増倍機能を有する高速・高感度なSiフォトダイオードで、微弱な信号の測定が可能です。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。