PL計測法の有効性 | マイクロLED PL検査装置

PL計測法の有効性の検証

EL計測法との相関

従来法であるEL計測法は、電気を使った計測方法でLEDの検査法として一般的に確立された手法です。これに対して、 PL計測法は光で励起して発光させたときの発光状態から不良を検出するもので、膨大な数のLEDチップが並んでいるマイクロLED用に開発された新しい手法です。浜松ホトニクスはEL計測法とPL計測法のデータの相関関係を詳細に検証し、マイクロLEDの検査においては2つの手法で発光輝度の計測を比較しました。その結果、EL計測法による検査と同様の結果を導き出せることを確認しました。

発光輝度の計測

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。