MEMS共焦点ユニット MEMS共焦点ユニット

特長 | MEMS共焦点ユニット

励起・蛍光波長を選択、後から追加もできるサブユニット構造

MAICOは励起・蛍光波長1種ごとに必要な構成部品をひとまとめにしたサブユニット構造を採用しています。
サブユニット構造を採用したことで、例えば、初期投資を抑えるために初回購入時は波長の数を絞り、研究の進展にあわせて波長を追加、といった購入方法の選択も可能です。また、波長を増やす際は現地にて短時間での対応が可能なので、引き取りにより長期間機器を使用できないといった心配はありません。
最大4つのサブユニットを搭載することができ、単波長の観察から、4波長(405 nm、488 nm、561 nm、638 nm)の多波長同時観察まで対応します。

実験台に置けるコンパクトサイズ

小型MEMSミラーを走査素子に採用し、専用の内蔵レーザ光源を開発しました。その結果、329 mm(W)× 150 mm(H)×300 mm(D)のコンパクトサイズを実現しました。
波長の追加も筐体内のサブユニットを増やすことで完結するため、新たな装置を取り付けたりすることなく、実験台の限られたスペースに配置することができます。

ゴールドスタンダードの共焦点光学系

MAICOはピンホールを使用して光学的切片像を取得する、ゴールドスタンダードの共焦点光学系です。
厚みのある蛍光試料を撮像するとき、対物レンズの焦点面から発せられた蛍光だけがピンホールを通過して検出器に届き、焦点面から深さ方向に離れた位置から発せられた蛍光は遮断されます。
定量性・再現性・信頼性の高い信号を検出し、デコンボリューションなどの画像処理を行うことなく、コントラストの高い画像を取得することができます。

MEMS共焦点ユニット 特長5

MEMSミラーによるハイスピードスキャン

29 kHzのレゾナントタイプの弊社製高速MEMS※ミラーを採用。最大で76 フレーム/秒のハイスピードスキャンを実現し、Ca2+イメージング等の高速現象に対応します。

 

高速なレゾナントスキャナを用いることでレーザ光照射時間を短縮できるので、ライブセルはもちろん固定標本を観察する場合でも、光毒性や退色を抑えた効率の良い計測を行うことができます。
また、ハイスピードスキャンにより、試料の移動やフォーカス合わせの際に、高解像度かつ表示の遅延が少ない快適な観察が可能です。

レーザ管理区域が不要

浜松ホトニクスの世界最高レベルの感度を持つ検出器と信号処理のノウハウを生かし、レーザ光の出力をクラス3Rまで低出力化することに成功しました。一般的な共焦点顕微鏡のようなレーザ管理区域を必要とせず、普段と変わらない環境で使用することができます。

ソフトウエアサポート

MAICOは弊社共通カメラライブラリである「DCAM-API」によってサポートされており、弊社製ソフトウエアHCImageで制御できます。また、DCAM-APIに対応しているサードパーティソフトウエアや自作ソフトウエアで画像取得が可能です。

MAICOの製品コンセプトや製品の概要をご紹介します。

MAICOでは多波長同時観察で課題となる波長間のクロストークを低減した撮像を可能にしています。どのようにクロストークの低減を実現したのか、その技術をご紹介します。

MAICOは感度、波長のことなるラインアップをご用意しています。

ボケが少なく高コントラストで解像度の良い画像が得られる共焦点顕微鏡の原理を解説しています。

MAICOを用いた撮像例を動画でご紹介します。

MAICOに関する、よくあるご質問を掲載しています。

MAICOの魅力を開発者が語るオンラインセミナー公開中

2021年5月に開催した「MAICO(マイコ) MEMS共焦点ユニット」オンラインセミナーを無料で公開いたします。

 

セミナーではMAICOを使った共焦点蛍光イメージングのメリットや撮像原理、撮像例等を開発者がご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

開発背景や特長、価格を記載した資料を公開中!

お使いの倒立顕微鏡に取り付けるだけで共焦点蛍光イメージングが可能にする「MAICO MEMS共焦点ユニット」。

 

本資料では、MAICOの開発を行うことに至った経緯や弊社で「My confocal」を実現できる製品を開発できた技術的な背景などをご紹介しています。製品の特長や価格情報も掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。