資材調達 

 

浜松ホトニクスグループ資材調達方針

浜松ホトニクスグループは法令および社会規範の遵守のもとグローバルマーケットからQCDM(Quality、Cost、Delivery、Management)の上で最良・最適な 「もの・サービス」を調達することを理念とし、また環境・人権を考慮したサステナブル調達を推進しております。

1.法令順守

調達取引を行うに当たって第3者の知的財産権などの権利を侵害することなく、また下請法や独占禁止法など全ての関連法規を遵守します。

 

法令遵守・コンプライアンス

2. 公平・公正な取引

購買取引の情報を適時・適切に公開し、国内外のサプライヤーに常に自由競争に基づいた取引機会を提供します。

3. パートナーシップの醸成

安定供給・品質担保やその継続向上のため、相互信頼を基本にした長期的な共生共栄の視点でパートナーシップを醸成していきます。

 

パートナーシップ構築宣言ポータルサイト

4. サステナブル調達の推進

浜松ホトニクスグループサステナビリティ基本方針に則した環境・人権に考慮した調達及びサプライヤーの生産活動を推奨します。サプライヤーには浜松ホトニクスサプライチェーン企業行動ガイドラインに準じた活動を推奨し、相互で生産活動の正当性を確認していきます。

 

浜松ホトニクスグループのサステナビリティ

サプライチェーン企業行動ガイドライン

人権の尊重・ダイバーシティ

グリーン調達

環境マネジメント

製品含有化学物質管理

5. BCP対策

自然災害・地震等の緊急事態に対し、被害を最小限に抑え事業の継続や早期復旧を図るための事業継続計画の策定を推奨します。

 

事業継続計画

6. 責任ある鉱物調達

浜松ホトニクスグループ責任ある鉱物調達に関する方針を掲げ、RMI により認定された紛争フリーの製錬業者からの鉱物(タングステン、錫、タンタル、金、コバルトなど)の調達を推奨します。また、責任ある鉱物調達調査への回答は紛争鉱物報告テンプレート(CMRT)及び拡張鉱物報告テンプレート(EMRT)を用いての提出を推奨します。

 

責任ある鉱物調達

7. 機密保持の徹底

購買活動の際には、サプライヤーの機密情報・知的財産・資産を適切に管理し保護します。 また、サプライヤーが知り得た情報・資産の管理では情報セキュリティ上のリスク低減努力を推奨します。

8. お取引の付帯条件の履行

CSR・BCP・QMS・EMSの調査、4M変更の申請、輸出令・外為令パラメータシート、含有化学物質調査、責任ある鉱物調査等 お取引の付帯必須条件とご理解して頂き、精度ある情報管理と適時の調査協力・情報提供を推奨します。

 

品質管理

変更申請と製造中止連絡

 

2021年 4月 1日 制定

2024年 4月 1日 改定